日本人は「豆」がたりてない

1日当たり豆類摂取量は目標より大幅に不足

厚生労働省では、生活習慣の改善により国民一人ひとりの健康を実現するため、健康に関係するすべての機関・団体とともに、平成12年から「二十一世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」を推進してきました。

この「健康日本21」では、平成22年度を目途とした各種の具体的目標を掲げていますが、栄養・食生活の分野では、カルシウムに富む食品の摂取量の増加を図るための指標の一つとして、豆類(大豆及びその他の豆、加工品を含む。)の1日当たり平均摂取量を、成人1日当たり100g以上と設定していました。
しかし、平成23年10月に公表された「『健康日本21』の最終評価」における目標達成状況の評価では、カルシウムに富む食品の摂取量の増加に関しては、「悪化している」(D評価)とされています。

具体的には、「国民健康・栄養調査」による平成21年の1日当たり豆類摂取量は59gで、平成13年の調査から食品群分類の変更により豆類から味噌(13g程度)が除外されたという特別な事情を考慮しても、「健康日本21」の目標値を大きく下回っているばかりか、目標策定時の基準値(ベースライン値)の76gと比べても減少傾向にあるという憂慮すべき状況にあり、豆類を食べることの意義や重要性を再認識していただくことが重要です。

健康日本21における豆類摂取量データ

年齢別豆類摂取量

総数 1?6歳 7?14歳 15?19歳 20?29歳 30?39歳 40?49歳 50?59歳 60?69歳 70歳以上
57.9g 28.9g 46.8g 44.9g 47.4g 49.4g 54g 65.1g 72.1g 68.2g