泣きめし今日子
「泣きめし今日子2」続編放送決定!
番組紹介
全体のあらすじ
故郷の四国・高知で寂れた大衆食堂を営む厳しい父、優しい母に育てられた猫田今日子。
父への反発から家を飛び出し、憧れの東京へ。
入社早々異例の大抜擢でグルメコラムを任される今日子だったが、
ミスばかりの毎日に、先輩編集部員からの猛反発を受け孤立していく…。

肝心な時には、見てみぬフリの頼りない編集長。
露骨な嫌がらせをするライバル。
「料理なんか嫌いだ!」そうつぶやきながら、それでも、負けずに立ち向かっていく。
我慢に我慢を重ねて、食べる名店の料理の数々。
「美味い!」涙の向こうに今日子は何を見つけるのか。
食レポ先でいつも今日子を助け、励ます謎の男とは。
そして、反発していた父親に隠された意外な過去とは…。
人物相関図
人物相関図キャスト
猫田今日子…安達花穂/名シェフ…?/編集長…中野圭/西海愛美…坂崎愛/高坂奈々子…上田奈々/真弓真由子…江口亜衣子/安西あゆみ…真銅倫子/坂岡冴子…藤井直子/遠山登美子…河原幸子/謎の男…ブラザートム/猫田恭介…利重剛/猫田さより…清水美沙
最新話
  • 第13話
  • 第12話
  • 第11話
  • 第10話
  • 第9話
  • 第8話
  • 第7話
  • 第6話
  • 第5話
  • 第4話
  • 第3話
  • 第2話
  • 第1話
動画 食レポ連続ドラマ「泣きめし今日子」のO.A.動画を大公開中
登場のお店紹介 登場のお店紹介
登場のお店紹介
  • 第13話
  • 第12話
  • 第11話
  • 第10話
  • 第9話
  • 第8話
  • 第7話
  • 第6話
  • 第5話
  • 第4話
  • 第3話
  • 第2話
  • 第1話
豆乳と玉ねぎのフラン カリッとクリーミー豆乳の揚げ物

Turandot臥龍居「豆乳と玉ねぎのフラン カリッとクリーミー豆乳の揚げ物」

常に新しい世界観を創造し中国料理界をリードしてきた
「Wakiya一笑美茶樓」オーナーシェフの脇屋友詞氏。脇屋氏の料理は、
上海料理の伝統を軸に旬の素材をふんだんに取り入れた身体に優しい中国料理だ。
こだわりの器に美しく盛りつけた料理は、日本人らしい繊細さとつややかさが
表現されていると国内外から高い評価を得ている。

今日子のひとことレポート

淡路島産の玉ねぎの甘さ、ゆりねの食感、豆乳クリームをまろやかに包み込んだ
全く新しいお料理です。ラー油のピリリとした辛さもいいアクセントになって、
とってもおいしかったです。

お店の詳しい情報はこちら
ビーガンキノコノつけソバ

ソラノイロ salt&mushroom「ビーガンキノコノつけソバ」

オフィスビルが立ち並ぶ東京・麹町にて、今までにない
新しいラーメンに挑戦し続けるソラノイロ。
ミシュランガイドのコストパフォーマンスの良い店「ビブグルマン」にも
選出された世界に通用するラーメン店だ。その第2号店として
2013年にオープンしたのが、このソラノイロ salt&mushroom。
野菜をふんだんに使用した「ベジソバ」が名物で、美味しくヘルシーで
色鮮やかな逸品には女性ファンも多い。

今日子のひとことレポート

旬の野菜たっぷりのつけソバに濃厚なスープがよく絡んで、
とってもおいしかったです。

お店の詳しい情報はこちら
豆乳ヨーグルトとブルーベリーの酢

飲む酢 エキスプレ・ス・東京「豆乳ヨーグルトとブルーベリーの酢」

「酸っぱいけれども体にいい」と我慢して飲む酢ではなく、
「心か ら楽しめる」飲む酢を目指し、酢の選び方、楽しみ方を案内する
「酢ムリエ」こと内堀光康氏。2007年にオープンした
日本初の酢カフェ「飲む酢 エキスプレ・ス・東京」では、
さまざまな果実酢の お酢ドリンクを提供し、
東京駅の旅人に驚きと笑顔を与える。

今日子のひとことレポート

お酢なのに酸っぱくなくて、とっても爽やかで、おいしかったです。

お店の詳しい情報はこちら
豆乳のロールケーキいちご添え

ピアットスズキ「豆乳のロールケーキいちご添え」

大江戸線麻布十番の駅を降り、立ち並ぶビルの中に
ひっそりとある入口からエレベーターで4階、
隠れ家的な佇まいのイタリアン「ピアットスズキ」。
カウンター席4席、テーブル席4席程度の小さなお店は、
厨房から客席が見渡せるので温かいサービスも味わえる。
旬の素材と、日本の食材を組み合わせたネオイタリアンが楽しめる。

今日子のひとことレポート

豆乳の味がしっかりとしていて、おいしかったです。ロール
ケーキのスポンジもすごくしっとり。上品なロールケーキ!

お店の詳しい情報はこちら
季節野菜の豆乳クリームあんかけ

谷中魚善「季節野菜の豆乳クリームあんかけ」

江戸情緒が漂う古くからの街並み、看板、可愛い街ねこが人気の
谷中に店を構える「谷中魚善」。目で味わい、舌で楽しみ、
旨い時間が笑顔を作る「お客様に満足いただける料理を出す」ことが
モットーと三代目主人・久保昌男氏。江戸情緒あふれる下町ならではの
お店の雰囲気や、お値打ち価格な料理も人気の理由だ。
大切なおもてなしをはじめ、友人との気さくな食事、
家族揃っての祝い事など、幅広いシーンで利用できるお店。

今日子のひとことレポート

とってもクリーミーなのに、旬の野菜の味わいもしっかり出ていて、
とってもおいしかったです。

お店の詳しい情報はこちら
GARTEN 「とっておきの日のフルーツサンド」

GARTEN 「とっておきの日のフルーツサンド」

表参道交差点からほど近くなのに大通りのノイズや繁華街の喧騒から
すこしだけワープしたような空間。
カフェコーナーやフードカートが並び、ドーム型のオープンスペースを
中心としてシェアオフィス、ユニークな講義を開講している学び場などが
村のように点在するのがCOMMUNE246。
ここの一番奥にあるのが小さなサンドイッチハウス「GARTEN」。

今日子のひとことレポート

豆乳クリームのホイップでフルーツの味が引き立って、 めっちゃ美味しい!

お店の詳しい情報はこちら
さぬきや「えんどう豆のすり流しのうどん」

さぬきや「えんどう豆のすり流しのうどん」

昭和39年創業から続く老舗さぬきうどん屋「手打ちうどん さぬきや」。
伝統を守りながら、革新を続けるのは、二代目店主近藤康浩氏。
遊び心溢れる四季折々の料理と、相性の良い旬の日本酒を併せ、
最後にうどんで〆る。
そんな楽しみ方を提案する高円寺で多くの人に親しまれる老舗である。

今日子のひとことレポート

コクがあって、美味しくて、初めて食べた味でした。

お店の詳しい情報はこちら
むしやしない「ミラクルソイタルト」

むしやしない「ミラクルソイタルト」

京都一乗寺の 「むしやしない」は、食材本来の味を活かした商品作りを
得意とした洋菓子専門店。
料理人からパティシエに転向したオーナーの鵜野友紀子氏は、
新鮮なフルーツの使用や、生産者とのコラボレーションなど、
食材本来の味にこだわりをもったスイーツを発信している。

今日子のひとことレポート

牛乳も卵も使っていないとは思えないくらい、
コクがあってなめらかで美味しかったです。

お店の詳しい情報はこちら
相模屋食料「マスカルポーネのようなナチュラルとうふ」

相模屋食料「マスカルポーネのようなナチュラルとうふ」

豆腐業界の常識を打ち破る改革を
次々と実行する「相模屋食料」が、
ファッションや美容に関心の高い
20~30代の女性向けに開発した商品。
オリーブオイルをかけて食べるのがお勧めという"女の子のためのおとうふ"。

今日子のひとことレポート

お豆腐なのに、チーズのように濃厚でコクがあって、美味しかったです。

商品の詳しい情報はこちら
HOUKIBOSHI Beans「豆乳野菜健康担々麺」

HOUKIBOSHI Beans「豆乳野菜健康担々麺」

神田駅前の人気ラーメン店「自家製麺ほうきぼし」は、
赤羽で大人気の店「自家製麺ほうきぼし」の2号店。
2015年1月から毎週日曜日に「HOUKIBOSHI Beans」と名前を変え、
特別なメニューを提供している。

今日子のひとことレポート

お肉も魚も使っていないのに、すっごく濃厚で大満足でした。

お店の詳しい情報はこちら
豆乳×アボカドとまと

feve cafe「豆乳×アボカドとまと」

フランス語で「ソラマメ」「しあわせ」という意味のある「Feve」は、
栄養豊富な豆を繊細なスイーツのように美味しく、サプリメントのように
手軽に味わえたら…、そんな思いを詰め込んだパティシエ辻口博啓氏の"
豆スイーツブランド"だ。新しいコンセプトで、2014年10月31日にオープン
した『プレミアム豆乳』をベースにした天然のサプリメントで、お買いもの
疲れのお客様をほっこり幸せにしてくれるドリンクスタンド。

今日子のひとことレポート

身体に良いし、美味しくて、思わず元気が出ちゃいました。

お店の詳しい情報はこちら
豆乳カルボナーラ

code kurkku「豆乳カルボナーラ」

東京・代々木にある癒しのスポット、代々木VILLAGE内にある
イタリアンレストラン「code kurkku」。
豊かな緑に演出された空間は、開放感に溢れ、都心の喧騒を一切感じさせない。
安全で健康な食材にこだわり、日本全国の生産者から取り寄せた食材が
美味しい料理に活かされる「和」の感覚を取り入れた新感覚イタリアン。

今日子のひとことレポート

食べ応えがあるのに、しつこくなくて、美味しかったです。

お店の詳しい情報はこちら
純白雑炊

日本橋ゆかり「純白雑炊」

※要予約。お電話にてお問い合わせください。

親子3代にわたり宮内庁で腕を振るい続ける老舗割烹料理店「日本橋ゆかり」。
日本料理の今後を背負っていく人物として知られる、
周人の野永喜三夫氏は、練達の技術とひらめきによって、
吟味された旬の素材をし福の逸品へと消化させる。
料理だけでなく、こだわり抜いた器や空間にも、
日本料理の神髄が感じられる。

今日子のひとことレポート

とっても濃厚で美味しかったです!

お店の詳しい情報はこちら