まめプラスとは

豆乳ブームやマクロビオティックなどに代表されるヘルシー志向の高まりに合わせて、様々な形で「まめ」を食べる機会が増え、身近に感じている方々も多くなっているように感じているのではないでしょうか。

しかし、実のところ、平成23年10月に公表された「『健康日本21』の最終評価」によると、日本人のまめ類の摂取量は年々少なくなってきており、思ったよりも「まめ」を食べていないことがわかっています。一方で、「まめ」の中でも、近年の異常気象による農作物の不作、食品の安全性や世界の人口増加の問題などで食糧不足に対する不安も生まれているなかで、植物でありながら良質なたん白質を含み、さまざまな生理活性機能が期待される「大豆」に対する注目が世界的に高まっています。

そのような背景の中、世界で初めて成功した「大豆」本来のおいしさを引き出す新製法(USS製法)によって生まれた『プレミアム豆乳』を食材に活かすことによって、今までの食生活をより豊かにし、おいしく、ヘルシーなライフスタイル「まめをプラスした生活」を送っていただきたいという想いで、まめプラス推進委員会を立ち上げました。

まめプラス推進委員会は、『プレミアム豆乳』を食材として活用し、おいしく、たのしく、ヘルシーに「まめをプラス」した生活を推進していくことに賛同いただいた企業や団体などで構成されています。

情報サイト「まめプラス」は、プレミアム豆乳を食材として使っている商品や飲食店などの情報だけではなく、大豆を中心とした「まめ」に関する基礎知識や健康価値、最新ニュースなどを発信し、「まめをプラス」した生活に役立てる情報を提供していきます。